2~3年前の間周期的にお会いしていました女寡婦のことです。 3年ほど昔PCMAXにて出会いがあった女性で冬前にご主人を不慮のアクシデントで亡くしなんだかんだと簡単ではない時でありました。ご主人はフリーランスをやっていて財務状況対応でピンチに陥っておられて、そんなときに彼女に何やかやとサポートや助言をしていたら好意的になったというわけです。財務状況対応にしてもひとつの節目を迎えた年の瀬、セフレからさ謝意の外食に誘惑されました。そうしてからしきりと面会することになって、年の初めの連続休日でエッチで結ばれたのです。この後は2~3年お付き合いは継続し、セフレはおチビちゃんたちをスクールへ送り届けて行ったそれ以後、セフレのウチでちゅっちゅを何度もしました。その時代30歳台半ばを過ぎた頃へ向かっていたセフレだが、痩せ型で黒髪ゆるふわコーデ、綾瀬はるかを幼くした見てくれでオレのいうことは100%訊く言いなりな人間。 SEXさえも既婚者の割合にあんまりエッチな勉強もしていなくてオレ嗜好には開発するのに程良い女だった。セフレって濡れやすく指でクリトリスをさっと弄るのみでエクスタシーを迎えるくらいです。身体をひねりうれしい悲鳴が生じてます。生の状態でペニスをまんこに挿れ、会話で虐め、あげくの果て精液注入につなげることがありふれたケースだ。赤ちゃんができそうな日は口内射精、いい感じにごっくんをさせましょう。髪をつかみ前と後へグイッと腰を動かし喉の奥深いところへチンポミルクを出します。 子供ができにくい日と言うと女体の入り口裏へザーメンを注ぎ込んでいた。キッチンでスカートを捲くり、パンティを片足首まで脱がし生で挿入してた際はセフレさえもうんとご機嫌だったのでしょう「こうしたところで背中側から挿入されてる・・・まんこの奥深いところとぶつかる・・・」って気分よさそうにしてました。言うまでも無く膣内射精だよね。セフレの形が見事なツヤツヤした尻肉をがっちりつかんで情熱的に突くやいなやビクンビクンとを背中を反らし時を同じくして絶頂にイキました。カーセックスのときは舌を絡ませた熱を帯びたキスの事後、指で繰り返しイかせてセフレがたまらずオレの男性器を引き出し口へ含むのです。オレはセフレのために伝授した喉のずっと奥まで咥え込むフェラチオの他、長すぎる舌をポコチンへ絡めたおちんぽ舐めがお気に入りだ。最初の頃のフェラチオだってセフレの歯ばかり亀頭にヒットして痛みを伴うのみだった。近頃では売女にすら引けを取らない腕のいい職人だ。スペースがない自動車の中、セフレががむしゃらになっておちんぽを舐めて口内射精させようと精を出します。たくさんペロペロさせて、セフレのあたまを押止め口に射精します。とっても好都合なご婦人で呼んだらとにもかくにも股を開けるという様な奥さんだった。このところはしばしの間コミュニケーションを取っていませんが、しばらくしてからもう一回呼んでセックスしたいと考えているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Captcha loading...